おいしいご飯の条件

連続自動炊飯について

ライスセンター、アウトパックや産業給食業界で使われる連続自動炊飯は、大量にご飯を炊飯するうえで欠かせない設備です。炊飯専門の工程のため、コストや効率についても厳しい水準が要求される中で、設定ミスが同じロット全体に及んでしまう連続自動炊飯はとりわけ注意が必要です。

連続自動炊飯の種類

  • 1つのミスが大きなロスにつながる

    熱源としては「ガス」「IH」が一般的ですが「スチーム」などが採用される場合もあります。火力や安定性などのパフォーマンスはそれぞれの企業の導入条件により異なりますが、 ガスもIHも、ライン上の火力のバランスや、蒸らし時間の設定など繊細な調整が必要です。  

    釜の形は「丸釜」と「角釜」があり、丸釜の方が熱のまわりはいいと言われていますが、角釜はスペースが小さくて済むためラインに無駄がないのが特長で、連続自動炊飯の主流となっています。

当社製品について

炊飯改良剤 OS-60L 10L

炊飯改良剤 OS-60Lについて

酵素の力で米の吸水性を高め、ふっくらした芯のない
ご飯が炊ける液体タイプの炊飯改良剤

製品特長について
・新米・古米に関わらず、ふっくらとしたご飯が炊ける。
・液体タイプで連続自動炊飯のラインでご利用可能

OS-60L 10Lの規格はこちら

上記のように、米はとても繊細な食品のため、単純に加水を行い歩留まりの改善を行うことはできますが、おいしいご飯を炊くことはできません。
おいしいご飯を炊くためには、米の水分量を見極め、最適な水加減・浸漬時間で炊飯を行うことが必要です。

そこで当社では、酵素の力で米の水分量に左右されず、酵素の力で米の吸水性を高め、連続自動炊飯の歩留まりを改善する炊飯改良剤を生産・販売しております。
連続自動炊飯のラインでご使用いただけるように、液体タイプをご用意しております。

炊飯改良剤 OS-60Lは、炊飯ミオラの液体版です
炊飯改良剤 OS-60Lは、連続自動炊飯での炊飯でも使えるように開発した、炊飯ミオラの液体版です。
製品の仕組みなどは、炊飯ミオラについてのページをご確認ください。

炊飯についてのお悩みは、一度ご相談ください。

炊飯についてお悩みの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。
当社では、安定して誰でも最高の炊き上がりを実現することができる炊飯改良剤の生産・販売を行っております。業務における炊飯知識豊富な営業が、炊飯にかかわる飲食店様のお悩みを解決いたします。

実際にご利用の米の水分量を計測して、ベストな水加減・浸漬時間、炊飯改良剤のご利用についてご提案させていただくことも可能です。

お問い合わせはこちら

炊飯についてのお悩みは、一度ご相談ください。

その他おいしいご飯の条件について

一覧に戻る

  • 米について
  • 水加減・浸漬時間ついて
  • 業務用炊飯器ついて
  • 連続自動炊飯ついて
  • 炊飯以外の劣化原因
page top