おいしいご飯の条件

水加減・浸漬時間について

炊飯の三要素「米・水・火」の中でも調整しやすく、また同時に不安定な炊飯の原因にもなるのが「水」と言えるでしょう。

浸漬時間について

  • 浸漬時間はなぜ必要なのか?

    浸漬時間は夏場30分、冬場60分などと言われるように、状況により大きく左右されます。
    そのため、炊飯現場としては標準化が難しい工程でもあり、苦労をされているお客様のお話もよく聞かれます。
    浸漬は芯までふっくら炊きあげるための大切な準備工程ですが、単純に長ければいいというものでもありません。
    あまりに長い時間水に漬けてしまうと、米の成分が水に溶け出してしまい、炊飯後に炊飯器の底に糊状になって残ってしまったりべたつきのあるご飯になる原因ともなるのです。
    あらかじめ、米や水温に合った最良の浸漬時間を見つけておくことが大切です。

当社製品について

炊飯改良剤 炊飯ミオラ

炊飯改良剤 炊飯ミオラについて

米の水分量にかかわらず、短い浸漬時間で
芯までふっくらしたおいしいご飯が炊ける酵素剤

製品特長について
・使い方は簡単、浸漬・水加減の後にスプーン一杯のミオラを入れて炊くだけ。
・酵素の働きでお米のポテンシャルを引き出します。

炊飯ミオラ 1kg缶/1kg袋の仕組み・特長はこちら

米の持つ力を酵素で補ってあげることにより、安定して高品質な炊飯を実現できます。
米の吸水性を高めると同時に、釜の中の対流を良くするため、一粒一粒芯までしっかり熱が伝わります。
その結果、ツブ感のあるふっくらとしたご飯が炊き上がるのです。

炊飯についてのお悩みは、一度ご相談ください。

炊飯についてお悩みの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。
当社では、安定して誰でも最高の炊き上がりを実現することができる炊飯改良剤の生産・販売を行っております。業務における炊飯知識豊富な営業が、炊飯にかかわる飲食店様のお悩みを解決いたします。

実際にご利用の米の水分量を計測して、ベストな水加減・浸漬時間、炊飯改良剤のご利用についてご提案させていただくことも可能です。

お問い合わせはこちら

炊飯についてのお悩みは、一度ご相談ください。

その他おいしいご飯の条件について

一覧に戻る

  • 米について
  • 水加減・浸漬時間ついて
  • 業務用炊飯器ついて
  • 連続自動炊飯ついて
  • 炊飯以外の劣化原因
page top